「道をひらく」|創造読書会おすすめ本

あなたはどんな道を通っていますか?

自分の選択した道を歩んでいますか?

自分の夢を持っているのなら諦めず進むこと。周囲の批判・意見を受けて簡単に諦めないことです。

人はそんなに強くありません。そんな時は本から力をもらうのです。

成功哲学を教えてくれる師匠の1人「松下幸之助」さんの本の紹介です。

松下幸之助さんのプロフィール

パナソニック(旧松下電器産業)グループ創業者、PHP研究所創設者。

明治27(1894)年、和歌山県に生まれる。

9歳で単身大阪に出、火鉢店、自転車店に奉公ののち、大阪電灯(現関西電力)に勤務。

大正7(1918)年、23歳で松下電気器具製作所(昭和10年、株式会社組織に改め松下電器産業に改称)を創業。

昭和21(1946)年には、「peace and Happiness through Prosperity=繁栄によって平和と幸福を」のスローガンを掲げてPHP研究所を創設。

昭和54(1979)年、21世紀を担う指導者の育成を目的に、松下政策塾を設立。

平成元(1989)年に94歳で没。

引用:松下幸之助の経歴|松下幸之助.com

多くの経営者が松下幸之助さんの考え方を学ばれています。

松下幸之助さんの考え方は本質に基づいていて、人として大切なことを教えていただけます。

自分の人生に悩んだ時、自分を見つめ直す際に必要となる書です。

心から自分にとって大切なのはなんなのか。それを気づかせてくれるのが「道をひらく」です。

自分の可能性に気づき、自分の進むべき道を記してくれます。

いま立っているこの道、今歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである

自分で選んで進んでいる道を諦めず進む勇気を与えてくれます。

夢に向かって歩みはじめる。

歩みはじめはどんなことでも上手くいかなかったり、結果が出ないものです。

そこで諦める人は多くいます。

夢に向かって歩んでいるのにそんなに早く結果が出るはずがありません。

多くの失敗をして経験を積むことで、成功に近づくのです。

いま立っている道は過去のあなたが選んだ道です。

その道をすぐ諦めますか?そんなことを問われていると感じました。

いま歩んでいるこの道を信じて進んでいくことで夢に近づける。そんなメッセージがあると思います。

成功の条件の一つに継続してやり続けることがあります。

どんなに失敗しても諦めず、突き進むそんな意志を持ちましょう。

素直さを持つこと

素直に生きる

素直さを失ったとき逆境は卑屈を生み、順境は自惚れを生む

素直さの大事さを解かれている言葉です。

素直に生きることは、自分を知ることだと私は思います。

自分の弱さ、強さを知っているからこそ、なぜそうなったのか素直に考えることができます。

素直な人

逆境の時=自分のできていない部分を認める。そこを改善する努力をする。

順境な時=自分のするべきことをした結果、「運」が良くなったと思う。

素直ではない人

逆境の時=周りのせいにする。外的要因に目を向ける。言い訳をする。

順境な時=自分はなんでもできるという過信。自惚れ。

こうなります。

周囲から見ても素直な人を応援しようと思いますよね。

成功者の方は

上手くいった時は「運」が良かった。

悪いときは努力が足りていなかった。

と言われる人がほとんどです。

自分としっかりと向き合い、弱さも強さも知っているからこそ、周りに感謝しています。

上手くいけば周りのおかげ、上手くいかないときは自分のせいなのです。

この考え方を持つことで周囲にも応援してくれる人が増え、さらに成功しやすくなるのではないでしょうか。

成功者は明るい

日々是新

素直で謙虚で、しかも創意に富む人は毎日が明るく、毎日が元気

成功者は皆明るいと思いませんか?前を向くことが上手く失敗も次につなげる方が多いです。

なぜ明るいのか。その答えがこの一文に記されています。

素直で謙虚とは向上心がある人のことです。人の意見を聞き、素直に実行することです。

素直に聞くことで、新たな知識、価値観を知ることができます。

自分の知らないことを知ると言うことはとても刺激的なことです。

知識や価値観に多く触れることで視野が広がり見える世界が変わります。

だから発見の連続で毎日が明るく過ごせるのです。

そして素直に実行することで成功するために必要な近道を進むことができます。

相手が教えてくれることというのは、相手が一度体験しているものです。

自分で一から道を探して進むより、道がしっかりとしています。

もし、途中で間違えたのなら謙虚になってやり直せば良いのです。

Try&Errorを繰り返し、成功に近づきましょう。

まとめ

「道をひらく」には松下幸之助さんが素敵な言葉を綴られています。人生に悩んだ時、迷ったときに読み返すことで自分の進むべき道を再確認することができます。自分の中に軸をつくってくれる一冊です。そして成長するために「日々是新」はとても大事にしたい言葉です。素直で謙虚に生きること。私たちが目指す生き方です。この一冊から多くのことを学びました。同じ失敗をしないために先人から成功と失敗それぞれを学ぶことで私たちはより成長していけます。それを学ぶためにも読書は大事です。

是非、読んで見てください。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です