疲れた日は頑張って生きた日-うつ姫のつぶやき日記-|創造読書会おすすめ本

はあちゅうさんの書籍「疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記」の紹介です。この書籍は短文の日記形式で書かれていて、読みやすく、短文で深い言葉がたくさんあります。

うつ姫」とあるように「悩んだとき」に出てくる言葉が多いです。悩んだ時といってもネガティブな言葉ではなく、「そう考えるんだ」や「笑える言葉」もあり、考え方言葉の大切さを実感する一冊となっています。

少しの勇気の大切さ

少しの言葉を言うだけで自分の気持ちを高めることができたり、お互いの雰囲気を良くしたりできることってありますよね。

一言でいい、30秒にも満たない時間だけれども、その一言が言えない。

そんな少しの勇気の大切さを「30秒の勇気」と伝えられています。

30秒の勇気

些細なことで人生はぐっと加速するのに些細なことほど勇気が必要だったりして人間って複雑だ。

一言だけでいいのに、この一言を言うことがどれほど難しいかこの一文で表されています。

人間関係って大切で複雑です。

一流の人が持っている本質を見抜く力

一流の人と二流の人の違いって難しいですよね。

二流の人も仕事はできる人が多いです。

そうしたらどこに違いがでるのでしょうか?

この一文を読んで、私は人間性の部分だと感じました。

一流の人は、人がありがたいと思っていないもののありがたさを見出せる。本質を見抜く力がある。

ありがたいと思っていないもの=当たり前と思っていることでしょうか。

例えば、「挨拶」や「ありがとう」「ごめんなさい」など、基本的なことだと思いました。
してもらうのが当たり前と思っていたのなら、これらの言葉はなかなか出てこないです。

はあちゅうさんが他の書籍で言われていた「目の前の幸せ」を見つける力のことでしょうか。

この力を本質を見抜く力と考えてもいいかもしれません。

心の余裕のある人

心の余裕がある人は、信念があって自信を持っている人のことのようです。

信念があって、自分のやっていることに自信がある人ほど人のやってることも認めてあげられる心の余裕がある。

心の余裕って本当に必要と感じます。相手の可能性を信じれるか、信じれないかで信頼度が変わってきます。

自分に自信がある人って一生懸命やっているからこそ自分の可能性を信じれると思います。

信念があると軸がしっかりとし、多少のことではブレません。

そしてポジティブな言葉が多いように感じます。準備は心配性で行動は楽観的。

だから人前ではポジティブにしているのではないでしょうか。

その姿勢こそ憧れを抱きます。「言い訳がない」も信念がある人に共通していることだと思います。

他人のせいにせず、自分の改善点を探す、成功したら「運が良かった」と言う。

本当にかっこいいです。

言葉一つで気持ちが変わる

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記」で楽しくて笑った部分が「ポジティブな変換マシーン」です。ネガティブな言葉でも言い方一つでポジティブな言葉に変わること。

言葉は気持ちをコントロールするのに本当に大切だなと感じたところです。

ポジティブな変換マシーン

太った?」→「「そんなに可愛い?」

「もう年やね」→「大人長くやってんねん」「お年頃や」

「老眼鏡」→「大人の眼鏡」

「嫌い」→「苦手」

「ひどい」→「驚いた」

「むかつく」→「ざわざわする」

これは、はあちゅうさんのお母さんやお友達が使っているみたいです。

言葉一つでネガテイブに感じなくなります。

反対に最初の2つなんてポジティブすぎて気持ちも明るくなります。

こんな返答ができたならお互い楽しい会話になるんだろうなと思います。

友達って

あなたは仲良い人と、なぜ友達になれたと思いますか?

共通の話題があったから?価値観が似ているからでしょうか。

友達になった人の共通部分て意外なところにあったりします。

ダメな部分でつながりあってるから友達になれるんだろうな。いい部分なら誰だって受け入れられるもの。

この言葉納得しますよね。ダメなところも受け入れられる。だから長く一緒にいられるのかもしれません。

一緒にいる友達って似ているって言われることがありますよね。

よく考えて見たら、それは良い部分が似ているわけではなく、ダメな部分が似ていたりします。

ダメな部分の価値観が同じ人が引き寄せあうのでしょうか。

良い部分が同じなら、ダメなところにばかり目がいってしまいます。

ダメな部分が同じであれば、良い部分ばかり見えてくるのかもしれません。

友達との共通部分て考えたことないので深く考える機会をこの言葉で頂きました。

おわりに

今回、はあちゅうさんの「疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記」の紹介でした。短い言葉の中に深い意味が込められており、言葉一つで相手はこんなに考えせられるのかと実感しました。言葉の大切さを改めて感じる一冊です。

人の人生は変えられないけど、

人の思いは自分の思いで変えられる。

ぜひ読んで見てください。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則