読書をお金に換える技術|創造読書会おすすめ本

千田琢哉さんの本を読み進めていくとアウトプットや行動の大切さを多く書かれていることに気づくと思います。読書や勉強はインプットです。

インプットばかりしていても次につながらない上に効果も上がりません。

そんな中、読書でインプットしたことの活かし方が書かれているのが「読書をお金に換える技術」です。

せっかくインプットしたのなら、お金という形で結果を出して行きましょう。

脳内メンターをつくる

本には先人の知恵が詰まっています。多くの本を読めば読むほど尊敬する師匠が現れてくることでしょう。

そんな時はどんどん師匠をつくるのです。人は尊敬できる人から学ぶとき早く成長します。

本の中には多くの師匠が存在します。自分に合った師匠を見つけ出すことが大事です。

時期によって響く言葉が違う

同じ本を読んでいても、その時の精神状態によって響く言葉は変わってきます。

著者に関しても同じで、精神状態や成長度合いによって尊敬する師匠も変わってきます。

今の自分にこの本は響かないなと感じたら次の本に進めば良いです。

師匠はどんどん変えていい

師匠は多くつくって良いものです。多く師匠がいた方が困難な場面に立ち会った時の解決策も増えます。

言葉があなたを救う

言葉には様々な効果があります。自分を肯定もできるし否定もできます。

相手にしても同じで、肯定も否定もできます。せっかくなら肯定的な言葉で自分も相手も高めたいですよね。

本に出てきる言葉は肯定的な言葉が多いです。

もし否定的な言葉が出てきたとしても自分に気づきを与えてくれる言葉がほとんどです。

大好きな作家の言葉があなたを支える。

まさにこの言葉です。本当に悩んだ時や落ち込んだ時、本に助けられることが多くあると思います。

普段何気なく読む時と悩んでいる時では、同じ本でも内容がガラリと変わる感覚があります。

それほど多く作家の方の言葉に助けられているのです。

作家の方が言葉を使うのが上手く、表現が豊富です。

そんな言葉を使いこなせるようになれば私たちも人を救うことができるかもしれません。

お金が集める言葉

響く言葉や興味をそそられる言葉ってどんなのか思いつきますか。

 

千田琢哉さんはこう言っています。

シンプルなコピーには人とお金が殺到する

シンプルな言葉こそ、スーゥと入ってきて心に響きます。

 

悩んでいる時に難しい言葉を言われても理解できません。

 

短い言葉でシンプルに伝えてこそ相手に響くことが多いのです。

 

しかし短くシンプルに伝えることは難しいです。

 

言葉を知らないとできませんし、相手に合った言葉を選択しないといけません。

 

これをできるように読書して言葉を学びましょう。

必読書

「読書をお金に換える技術」で読むべき本が紹介されています。

本物の成功哲学書

書店に行くと、本当に様々な分野の本が多くあります。

ビジネス本や自己啓発本だけでも本当にたくさんです。

そんな中で大きく「マインド本」「ノウハウ本」に分かれます。

この中で読むべきは「マインド本」です。成功するための考え方を身につけるのです。

20年以上増刷を繰り返している

成功哲学書は、本物

増刷を繰り返している本とは読み続けられている本ということです。

もしこれが「ノウハウ本」ならすぐに読まれなくなってしまいます。

それは「ノウハウ」はすぐに変わるからです。

しかし成功するための考え方というのは何年経過しても変わりません。

これが「成功哲学書」です。

千田琢哉さんは3人の著者を紹介されています。

  • デニス・ウェイトリー
  • スティーブン・R・コヴィー
  • マーク・フィッシャー

すぐに読むべき本

社会で生きて行く上で必要になる本は、マルクスの「資本論」です。

働く上で、どちらの立場で働くのか考えさせられる本になります。

読書する時に必要なもの

読書する時、どんな分野の本を読むのか悩むと思います。

しかし、ビジネス本を読んでいても自己啓発本でも精神系の本でも学ぶことがあります。

その時、読んでいる自分に必要な言葉が入ってきます。

何を読むかより、何に気づくか。

その時、入ってくる言葉は今の自分に必要な言葉です。

読書は自分と向き合う時間でもあります。

どんな分野の本でも、学ぶことがいっぱいあります。

自分がブランドになることでお金を稼ぐ

ここでタイトルにもある「読書をお金に換える技術」です。

あなたが稼げるようになるには、

あなたがブランドになることだ。

著者のプロフィールは、

ブランディングの教材

まず、自分がブランドになることが大事と言われています。

尊敬される存在になること、会いたいと思ってもらう存在になることです。

千田琢哉さんのプロフィールは大学生時代に決めたと言われています。

決めた未来は実現するのです。

未来を決めて自分を高めていく。

これが大事なのです。どうなりたいかを明確に持って進むことです。

3つの要素

読書をお金に換えるには3つの要素があります。

 読書をお金に換金する3つの要素

 

「本」と「挑戦」と「人」である。

本から学び、行動を起こす。そして成長する。

これが大事です。

本を読んでも行動しなかったら意味がありません。

はじめに書いたように千田琢哉さんはアウトプットの大切さを言い続けられています。

行動を起こしてこそ、読書した意味があるのです。

まとめ

千田琢哉さんの読書をお金に換える技術で読書を活かせる方法がわかったと思います。本書には多くの考え方があり、行動を起こすきっかけをくれます。千田琢哉さんをあなたの師匠の一人にして見ませんか。

 言い切る勇気を持つ。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・人生の勝算

・非常識な読書のすすめ

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則