あした死ぬかもよ?|創造読書会おすすめ本

あなたは今日までしか生きれないとしたら何がしたいですか?

そのしたいことをいましていますか?

いまから始めますか?

それともまだ先延ばしにしますか?

もし、いのちが明日までとしたら、今日までなら、そんなことを考えたことを考えたことはないかもしれません。

しかし、全力で生きたいなら自分の終わりを意識することが大事です。

そんなことを教えてくれるのがひすいこたろうさんの「あした死ぬかもよ?」です。

考え方に新たな視点をもたらしてくれるのがひすいこたろうさんです。

本書籍で「生き方」を考えてみましょう。

本気で生きている人

あなたは本気で生きていますか?

全力でものごとに取り組んでいますか?

「成功する人は努力する。成功しない人は努力しない。その差だ」

努力する人間には志がある。しない人間には志がない。その差だ」

「志のある人間は『人間は必ず死ぬ』ということを知っている。

志のない人は『人間が必ず死ぬ』ということを本当の意味で知らない。その差だ」

あなたは志を持っていますか?もし努力できないのなら志がないのかもしれません。

志とは=ある方向を目ざす気持ち。心に思い決めた目的や目標。心の持ち方。

引用元より一部抜粋:志とはーコトバンク

志は目的や目標です。「人間は必ず死ぬ」を意識するとは、終わりがあることを知ることです。

時間は有限なもので永遠に続くものではありません。

そのことを意識している人が少ないです。だから成功する人が少ないのです。

目標を持って取り組むとき期限て決めますよね?それと同じです。

生きていることにも期限があるのです。もしかしたら平均寿命まで生きるかもしれません。

明日までかもしれません。そのことをわかった上で生きるからこそ努力ができます。

失ってから気づくことがないように、いま気づくことが大事です。


大好きな人が死なずに、今日生きていてくれる。

それ以上の幸福ってありますか?

人は失ってから初めて幸福に気がつく。

いま最高に幸せですよ。

不安な時につかう発想の転換

行動を起こせない時って大抵不安感が大きいときですよね。

人は恐れから行動を起こせなくなることが多くあります。

そんなとき、発想を変えることで心に余裕が持てる方法があります。

「何点?」って?

不安 → 3 → 2 → 1 → 余裕

このように不安度を数値化するのです。

いまの不安は30点、いまのは60点という感じで数値化します。

数字を見て気づきませんか?意外と少ないなと。

頭の中で考えていると何度も回想するので、想像が膨らみ現実以上に不安に思ってしまいます。

このようにシンプルに考えることで、意外と大したことないとわかるのです。

もし80点でもいけそうな気がしませんか?

「感動」したいなら「即行動」

あなたが感動する場面てどんな場面ですか?スポーツでも勉強でも一生懸命頑張っている人を見た時ではありませんか。

頭で理論的に考えて行動している時に感動することは少ないと思います。

なぜ感動するのでしょうか。

人生を冒険として生きるとは、やりたいことを来年に伸ばすころではないんです。

「感」じたら、すぐ「動く」ということです。その先に「感動」があります。

自分の感覚に正直に生きることです。自分のしたいことではない時に感動はありません。

自分のしたいことを一生懸命突き詰めていった先に感動があるのではないでしょうか。

自分に正直に生きることにより、達成した時の感動、喜びは桁違いなはずです。

途中うまくいかない時もあります。でも自分のしたいことなら諦められませんよね?

あなたはいま自分のしたいこと諦めていませんか?

目の前の幸せを大事にして

私は「幸せ」こそが人生の目的だと思っていました。しかし「幸せ」は目的ではなかったのです。なぜなら、幸せはもう目の前にたくさんあるから。

家族がいます。仲間がいます。毎日ご飯を食べています。好きな勉強ができます。自由な時間もあります。当たり前ではなく幸せなものばかりなのです。

この言葉で気がつきました。


人生は、幸せになるのが目的じゃない。

幸せがスタート地点。

幸せから夢へ向かうんです。

いまが不満だから幸せを目指すという人は、

夢が成し遂げても、

そこに見えるのは、

新しい不満です。

だから、幸せから始めよう。

私たちはいま幸せなのです。目の前の幸せに気づかずに無いものねだりしても幸せではありません。

いま幸せです。これから目指すところは自分たちの夢なのです。

まとめ

ひすいこたろうさんの「あした死ぬかもよ?」を通して幸せに気がつくことができました。まずは自分の持っているものを自覚する。そこから幸せは始まると思います。私たちには必ず終わりはあります。しかしその終わりが来るのかは私たちにはわかりません。だからこそ、いまを無駄にせず努力することが必要なのではないでしょうか。自分の夢に向かって志を持って取り組む、そんなことを教えてくれました。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則