集中力を磨くと、人生に何が起こるのか?|創造読書会おすすめ本

集中力は私たちが何かを身につけるときに必要なものです。

この差が私たちの能力に差をつけると言っても過言ではありません。

集中力を磨くとどんな良いことが起こるのか?

それを教えてくれる書籍が千田琢哉さんの「集中力を磨くと、人生に何が起こるのか? (「成功する人」が持っている目標実現のスキル52)」です。

集中力の違いが能力の違いを生みます。

一流と二流の差は集中力

プロのなかには「一流」といわれる選手と「二流」といわれる選手がいます。

その違いこそ「集中力」と千田琢哉さんはいわれています。

お互いにプロであるのならば技術的な差はほとんどありません。

しかし集中力の違いが「一流」と「二流」の差を生みます。

そして「一流」といわれる人たちには「影響力」があります。

この「影響力」こそが「人」と「お金」を集めるのです。

勉強における集中力

大人になっても勉強は必要なものです。

しかし多くの人は学生を卒業したと同時に勉強も卒業します。

なぜ勉強しないのでしょうか?

それは今まで勉強を強制してさせられてきたからです。

本来の勉強は楽しいものです。

ひと昔前、勉強は娯楽であったと千田琢哉さんはいわれています。

大人の勉強は本楽しむものです。

自分の好きなことを勉強するからこそ集中力が増してきます。

自分の好きなこと勉強し楽しむことが必要なのです。

そうすることで、目の前のことに集中でき集中力が高まってきます。

勉強におけるポイントは「信頼できる人の本を反復して勉強する」と千田琢哉さんはいわれています。

相手に対する集中力

人と会うときに相手に対する集中力が大事になります。

この集中力は「相手の存在は大きいもの」と自覚すること。

私のために時間を割いてくれている相手に感謝することです。

そんな相手へは簡潔な言葉で気持ちを伝えることが大事になります。

表面的な言葉ではなく「心のこもった言葉」を意識して与えることです。

人は本来、表面的なところと内面は違います。

千田琢哉さんは人間の本質に関してこういわれています。

人間の本質は第一印象とは反対

要するに本来の自分と反対の性格を演じる人が多いのです。

そのことを理解したうえで相手と接することが大事です。

そうすることで相手も「自分を理解してくれている」と思います。

お互いの信頼関係が成り立っていきます。

また、性格は服装にもあられます。

色やサイズ感などでも相手に性格をわかられるので、服装には気をつけましょう。

服装は相手への熱意」と千田琢哉さんはいっています。

目の前の相手を大切にすることこそ、相手に対する集中力です。

いまを変える集中力

いまの現状に満足していない方はいますか?

いまを変えたい。変えるのに必要なものはなんだと思いますか?

それは「覚悟」です。

「覚悟」さえあれば現状を変えることはできます。

「覚悟」は、いま持っているものを手放すことです。

その「覚悟」があれば変わることができます。

しかし「覚悟」が中途半端だった場合は中途半端な結果となります。

「覚悟」の大きさが現状を変える力になります。

「覚悟」を決めたら行動をするのに必要なのは「集中力」です。

「集中力」は自分を高めるときに必要です。

千田琢哉さんは「集中力=孤独力」とも言われています。

自分を高める時間こそ、集中力が高まるのです。

そして、行動をはじめる「たった1分」を意識してください。

はじめることで、あとは続きます。

はじめるまでが大変なのです。

最初の1分」を意識してはじめること。

そうすることで集中力が高まります。

自分に対しての集中力

自分の内面と向き合うことは大切です。

自分が満たされてこそ、相手を満たすことができるからです。

自分が幸せになるポイントは「自分が満たされている」ことです。

不幸=欠けている部分に固執

幸福=満たされている部分に感謝

相手に対しての集中力

相手との人間関係にも集中力が必要になります。

目の前の相手を大切にすることです。

同性同士でも「」は必要です。

相手を思いやる気持ちがなければ相手を大切できないのです。

恋=相手を喜ばせる

愛=相手の嫌がることをしない

似ているようで似ていないのが「」と「」です。

相手との幸せな関係を気づきたいのなら「」が必要です。

」をずっとしていても長続きしないのはここにあるのです。

」から「」に変わったときに、幸せが待っているのではないでしょうか。

有言実行する集中力

成功する人の特徴は言ったことを行動にうつすことです。

たとえ失敗してもいいから行動してみることです。

言葉と行動が伴ったときこそ成功者に近づけるのです。

成功者=言行一致度が高い

敗北者=言行一致度が低い

行動が伴うのか伴わないかの違いだけです。

ここで行動することで成功者に一歩近づけます。

おわりに

今回、千田琢哉さんの「集中力を磨くと、人生に何が起こるのか? (「成功する人」が持っている目標実現のスキル52)」を紹介しました。はじめに話したように一流と二流の差は「集中力」にあります。「集中力」を高めるために「孤独」になり成長することが大切です。成功へのはじまりは「行動」からです。「集中力」を高めたいからにおすすめの一冊です。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則