幸運な人生を歩む考え方とは?

幸せな人生

あなたは幸運な人生を歩みたくありませんか?

人は手段は違うかもしれませんが、目的は幸せになることです。その幸せを手に入れるため必要なのは考え方なのです。

幸せな人の周りには幸せな人が集まります。

これは引き寄せの法則で同じ波動が出ているもの同士を引き寄せる法則があるからです。

自分が幸せになれば周囲にも幸せな人が集まり、もっと幸せになれると思いませんか?その幸せを手に入れる考え方をお伝えします。

自分の周りには似たような人が集まる?人間関係の波及効果

あなたの周りにはあなたに似たような人が多くありませんか?価値観や役職、年収、性格など似ている人がいると思います。

これは自分に似たような人を引き寄せる法則があるから必然的にそうなるのです。

自分が時間を一緒に過ごす5人の平均が5年後の自分と言われています。自分の将来が知りたいなら、5人の名前を挙げてみると将来の予測がつきますよ。

なぜ似た人同士が集まるのか?

地球上には波動があり、波動が近いもの同士が近づく性質があります。そのため、ポジティブな人の周りにはポジティブな人が、ネガティブな人の周りにはネガティブな人が集まりやすくなるのです。

この波動が近いもの同士が近づくことを人間関係の波及効果とも言われます。ポジティブなエネルギーはそのまま周りの人に伝わっていきます。

幸せになりたいならこのエネルギーを周囲に伝えていけば良いのです。このエネルギーは「慈悲」「希望」「信仰」「愛」などが波動が高く強いエネルギーを発します。

これらのエネルギーを発し続けることで幸せに近づけます。

幸せになる考え方 〇〇のために

幸せには3つの種類があると言われています。

  1. してもらう幸せ
  2. できるようになった幸せ
  3. 誰かにしてあげる幸せ

この中で【誰かにしてあげる幸せ】が最も幸福度が高い幸せと言われています。

自分のためにではなく「誰かのために」この考え方ができるようになることが大事です。誰かのためにできるということは自分のことは自分でできるということ。

自立した状態にあります。私的成功の後に公的成功があります。自分自身の問題から自分の周りの問題に対して取り組むことで人は成長していきます。

公的成功には愛を与え続けることが大事になります。見返りを求めない心を持ち、愛を与える心を持つこと。

一時的な愛ではなく、継続して愛を与え続けることが大事です。これは相手にとって大きな力となります。

相手から愛を受け続けることで自分を価値のある存在だと感じることができます。人は自分に価値があると思うことで勇気を持つことができます。

勇気とは人にとって行動するために必要な力なのです。人は勇気がないと行動できない生き物なのです。

行動を起こすためには2つのうちどちらかの理由が必要になります。

  • 恐怖

人が行動を起こす理由はこの2つのどちらかです。愛が理由で行動起こす時と恐怖が理由で行動を起こす時の違いは幸せの感じ方に影響します。

この2つなら愛を与え続け、行動を起こす勇気を与える方が相手にとってプラスになると思いませんか。

自分基準で生きていく

人が幸せや充実感を得られない原因の一つに他人基準の行動をしていることが挙げられます。

他人基準の行動をとったらどうなるのか、それは自分の正しいと思った判断基準がぶれるということ。軸がなくなるということになります。

軸がなくなると自分の考えが曖昧になり、意志のない人間になります。

人は生れながら道徳性があります。しかし他人基準で生きていく中で道徳性が薄れ、誠実さを忘れてしまいます。

上記に書いた通り行動を起こす理由は「愛」か「恐怖」のどちらかです。

もし恐怖で行動を起こしてしまうと、他人に評価されるための行動を起こします。「怒られる」ことを避け「褒められる」ために自分が正しいと思った基準ではなく他人に基準を設けます。

これでは判断基準がぶれるのは当たり前です。それは誠実に生きていることになるでしょうか?自分の基準とは違い、「恐怖」に怯えながらに行動していては幸せになれるはずがありません。

どれだけ自分に正直に行動できるかが幸せになるためには大事になります。

評価の基準を自分の中に持ってくるのです。判断基準をぶらすことなく自分の人生を評価するのは自分自身なのです。

人は死後、生きていた人生を振り返るそうです。

  1. 「誠実に生きたか」
  2. 「道徳性を持って生きたか」
  3. 「どれだけ人を愛したか」

この3つを振り返り、できていないと反省するのです。

この3つをあなたはできていますか?これらができていなくて幸せだと言えますか?

今、自分の人生を歩んでいるからこそ「誠実に生きたいか」「道徳性を持って生きたか」「どれだけ人を愛したか」を毎日振り返りながら生きていくことで幸せな人生を歩むことができます。

判断基準の軸を自分の中につくり、自分に正直に生きていくことで幸せな人生を歩んでいくことができると思いませんか?

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です