人生の目標設定方法〜願望実現のために〜

トップ画像

こんにちは、読書会主催のいずみです。

今回のテーマは「人生の目標設定方法〜願望実現のために〜」です。

あなたは「人生の目標はありますか?」

「プライベートでの目標はなんですか?」

この質問をした時、すぐに答えられますか?

たぶん答えられないと思います。

それはなぜか。

周りから考え方を強要されてきたからです。

  • 真面目に働かないといけない
  • 私生活より仕事が優先
  • 私だけ楽しそうにしていてはいけない
  • 一人だけ幸せになるのは良くない

このような考えになっているのではないでしょうか?

その結果、『自分の「人生の目標」がない』状態になっています。

会社で仕事上の目標は立てるのに、自分の「人生の目標」がない、なんておかしくないですか?

今回は自分のための目標の考え方をお伝えします。

願望実現のための目標を設定する

もし、あなたの願いがなんでも叶うとしたら何がしたいですか?

今までは絶対できないと制約かけてきたものが多くあるはずです。

でも制約をとってなんでもできるとなるとしたいことが多くありませんか?

本当にしたい自分の願望を叶えるための目標の設定方法です。

6つあるので順に紹介します。

実現したい願望を具体的に設定する

まず、自分の心に素直になり、したいことやなりたい姿を具体的に設定していきます。

これを言ったら周りから反対や批判されるということは気にせず、自分に素直になって設定していきましょう。

私の場合であれば、なりたい姿が一番にくるので、尊敬する人の行動や考え方を設定していきます。

目標は短期目標・中期目標・長期目標3つを設定していきます。

  • 短期目標
  • 中期目標
  • 長期目標

はじめに、長期(人生)目標を設定します。

ここがしっかりしっかりしていないと他がブレてしまうのでしっかりと設定しましょう。

なぜ短期・中期・長期目標を設定するのでしょうか?

下記の図を見てください。

目標設定階段

長期目標1つと、短期・中期・長期の3つの目標を設定した時、どちらが達成しやすそうですか?

もちろん3つの目標を設定した時だと思います。

一つずつ目標を設定することで目の前のことに集中でき、長期目標に近づいてくるのです。

また、一つずつ達成していくことで成功体験を詰めます

成功体験を多く積んでいる方が後の結果も良くなります。

長期目標のみになると、目標までが遠すぎて途中で諦めてしまうかもしれません。

目標に向かって継続して努力するためには3つの目標を立てた方が良いのです。

願望実現のための代償を決める

次に代償の設定を行います。

何かを得ようとするとき、同時に何かを失います。

願望実現のためなら、時間を投資する必要があり、今までしていた時間を削って新たに時間を使う必要があるわけです。

「何か1つはじめたいなら、1つやめたらいい」ということになるのです。

「やめること」も代償であり、願望実現のために代償を払って自己投資できるかが、大事になります。

目標の期限を設定する

目標設定するにあたり、期限も設定します。

期限が曖昧になると、努力も中途半端になってしまいます。

経験があると思いますが、期限がある方がやるべきことが明確になり、努力のスピードも上がるのです。

期限の決め方に決まりはありません。

私は期限を決める時は人生のポイントになる年齢や出来事で期限を定めています。

いま(現在2017年8月)であったら2020年のオリンピックや30歳になる年を期限として定めています。

何かの節目は人生のターニングポイントになることが多いです。

そこに期限を設けることによって、また新しいスタートを切ることができます。

期限を決める順は長期目標→中間目標→短期目標の順です。

目標設定.順番

長期目標を達成するために中間・短期目標を設定していくためこの順になります。

長期目標から逆算して設定していくことが大事です。

目標に向かっての行動を起こす

1つ前の目標の期限を決めるまではスムーズに進めると思います。

大事なのはここからで、行動を起こしていくことです。

何かをはじめる時は一番エネルギーを必要とします。

はじめることは、0→1にすることです。

1に行けば、自然と2.3と進んで行きます。

この0→1にする時にすることは、迷わず行動を起こすことです。

まだ完璧ではない・準備が足りないと言っていたら、行動しないまま終わってしまいます。

完璧は行動しながら修正を加えて目指せばいいものであり、最初から完璧にできることはありません。

この0→1の行動をどれだけ早くはじめるかが大事になるのです。

紙に詳しく書く

次は上記4つのものを紙に詳しく書いていきます。

上記の4つとは、

  • 実現したい願望を具体的に設定する
  • 願望実現のための代償を決める
  • 目標の期限を設定する
  • 目標に向かっての行動を起こす

紙に書いていくことで目標がより明確になり、自分に対しての意思表示にもなります。

1日2回大きな声で読む

紙に書いた内容を1日2回、声に出して読み上げることが1番大事になります。

声に出しことで自分の思考の中に「できるんだ」ということを信じ込ませるのです。

自信を持ちたいなら、自分が1番、自分を信じれないといけません。

中途半端な気持ちでやってもの効果は出ないものです。

本気で自分はできると思考に落とし込むために1日2回声に出して読むのです。

失敗を恐れない

目標設定したことに対して行動していると失敗することも多くあります。

高い目標を達成するためには失敗は避けては通れないもので、失敗から学ぶことが多いです。

失敗の捉え方次第で人は大きく変わります。

失敗をした後、「失敗を活かせる人」「失敗して挫ける人」に分かれます。

もちろん、目標を達成している人たちは「失敗を活かせる人」たちです。

失敗を活かせる人は、失敗した時、積極的に状況分析してチャンスに変えようと考えます。

失敗から学ぼうとするのです。

この人たちは大きなチャンスが巡ってくることが多く、いつも未来形の上向きな話をしています。

反対に、失敗して挫ける人は逃避的な思考に支配されています。

どうやったら失敗から逃げることができるかを考え、失敗を受け入れないのです。

失敗を受け入れないと失敗から学ぶことができず、同じ失敗を繰り返すため、チャンスは少なくなっていきます

あなたが目標を達成したいのであれば、どちらを選択すべきか一目瞭然ですよね。

まとめ

人生の目標設定をしてみませんか?

あなたの毎日の生活の中にプラス1歩の努力を加えることで刺激のある有意義な人生に変わります。

目標もために努力する積極性はあなたの存在証明にもなるのです。

自分の人生を有意義に過ごすことで、小さな幸せを感じられ、心豊かな人になっていきます

優れたリーダーや富を得る人は心豊かな人ばかりです。

そうなるためにも人生の目標を設定してあなたも心豊かな人になりましょう。

ぜひ読書会でお待ちしています。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則