当たり前のことを当たり前にするだけで目立つ存在になる

当たり前のこと

あなたは当たり前のことがどれだけできていますか?

  • あいさつ
  • 感謝の言葉
  • 謝罪の言葉
  • 好きなことをする
  • 人の悪口を言わない
  • 人の良いところを見つける
  • 勉強をする
  • 楽しむ

などです。

これらは私たちが幼い時に両親や近くの大人たちから教わってきたことです。

近くに子どもさんがいる方なら、教えられていると思います。

なぜ、当たり前のことをするだけで目立つ存在になれるのか

当たり前の確認

ここで質問ですが、あなたはこれらができていましたか?

当たり前だけれども、大人になるにつれてできなくなっていく人がほとんどです。

だから当たり前のことをするだけで、目立つ存在になっていきます。

人間関係の基本は信頼関係にあります。

当たり前のことをしていれば信頼関係は築けます。

反対に当たり前のことをしていないと信頼関係は築けません。

今から当たり前を見直して行動していきましょう。

相手とのコミュニケーションは自分から積極的にとる

話して声に出す

信頼関係を築く上で大事になるのがコミュニケーションです。

年齢を重ねたり、役職が大きくなるほど、自分からコミュニケーションを取らずに相手から来るのを待っています。

これでは上手くコミュニケーションはとれませんし、相手にとって話しにくい雰囲気をだしてしまいます。

コミュニケーションがとるのが上手い人は自分から積極的に声かけをしています。

あいさつは自分から積極的に

コミュニケーションの基本です。

あいさつは必ず自分から行うことです。

自分からあいさつすることで話しやすい雰囲気になりますし、相手も話しやすいです。

その際、笑顔であいさつしたら1日が最高のスタートになります。

「ありがとう」と感謝を伝える

「ありがとう」と感謝の言葉を言うことは相手に対して敬意を示すことです。

「ありがとう」と言われると相手は存在価値を感じて自分に自信を持つことができます。

良いことをしてもらったら、「ありがとう」と必ず言いましょう。

これは身近な人間関係の中だけではなく、初めて会った人にも言うことが大切です。

お手伝いをしてくれた人やお店の店員さんなど、「ありがとう」を言える場面はたくさんあります。

「ごめんなさい」をいう勇気をもつ

「ごめんなさい」は勇気のいる言葉です。

自分の間違えを認めるため、「ありがとう」より言うことが難しいかもしれません。

幼い子どもでも、「ありがとう」はすぐ言えるけれど、「ごめんなさい」はなかなか言えません。

大人になると子どもの時より「ごめんなさい」を言うのが難しくなります。

それは「プライド」があるからです。

自分のプライドが傷つくと思うから、言えないのかもしれません。

プライドは必要ですが、高いプライドは必要ありません。

高いプライドは自分の行動力を弱め、行動しない言い訳ばかりつくるからです。

もし「ごめんなさい」が言えないのなら、プライドが高いのかもしれませんよ。

相手の良いところを見つける

良く会う人、お世話になっている人の良いところ10個言えますか?

言える人は周りとの人間関係や仕事が良好の人が多いです。

相手の良いところを見つけることで、相手はどんどん素敵な人になっていきます。

反対に相手の悪いところを見つける人は、相手がどんどん何もできない人に見えてくるのです。

100点からさらに得点を積み重ねることと、100点から得点を引いていくのではどちらが楽しいか明確ですよね?

相手の良いところを見つけることは、相手を大切にすることでもあります。

相手と過ごしている時間は、相手が自分にくれた時間と同じなのです。

相手が自分のためにくれた時間を大切にすることは当たり前なのではないでしょうか。

欲しいものはお金を払って買う

お金を払って買うは当たり前ですが、あなたは自分の欲しいものを買っていますか?

ものを買う時の基準が「値段」になっていませんか?

「値段が安いから買う」は本来の欲しいものではありません。

買う時の基準になるものは「価値」なのです。

ものの価値を感じて買いたいと思うものは本来の欲しいものです。

価値を感じるものは大抵、値段高い上質なものが多いです。

値段が高くても価値を感じているのなら、最高のものであり、使うたびに幸福を感じられます。

自分でお金を払うことで人は謙虚になれるのです。

学び続ける

学校を卒業したと同時に勉強をやめる人がいます。

勉強をやめるのはもったいないと思いませんか?

学校に通っていた年数より、学校を卒業してからの年数の方が多いのに、勉強をやめて良い訳がありません。

社会の勉強は読書でできると私は思っています。

社会では答えのないことばかりで、考える力が求められます。

答えのあった学生時代と違い、自分の考えを持って行動しないといけないのです。

そこで大事になることが多くの考えを知り、考える幅を増やすことです。

その点で読書は最適な勉強になるのです。

先人たちが経験してきたことが学べ、失敗も成功も知ることができます。

考え方にも触れることができるのです。

読書こそ社会人において大切な勉強です。

まとめ

当たり前のことをしている人が少ないため、当たり前のことをするだけで、目立つ存在になれます。

当たり前だけれど、みんながしていないことが、もう1つあります。

それは楽しんで生きることです。

楽しいことをしている人は笑顔が輝いて、とても明るいです。

明るい雰囲気は明るい人を引き寄せ良い循環が生まれます。

ワクワクするようなことに取り組むことで楽しい毎日になります。

今の時代、行動することに価値があります。

インターネットの発達により情報の価値が下がり、知恵の価値が上がってきています。

知恵は行動することによって身につくものです。

知識をつけ、行動を起こすことによって知恵となります。

好きなことをする人生は最高です。

失敗しても行動を起こすことで、毎日が楽しい人生になります。

失敗を怖がって行動しないと、退屈な人生になってしまいます。

多くの行動を起こして、同じ考えを持った人を引き寄せることで、さらに輝いた人生を送ることができます。

あなたも楽しい人生を送ってみませんか?

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則