考え方が大事!将来のためのお金の使い方

お金の考え方

 

こんにちは、創造読書会主催のいずみです。

突然ですが、あなたはお金を何に使ってますか?

「もの」でしょうか?

それはあなたが気に入って買ったものですか?

私は気に入ったものしか買わずに、最小限だけ持つようにしています。

気に入ったものなんで、ある程度の値段がしても気分良く使えるならお金を投資するようにしています。

この考えになったのも本を読んで学んだからです。

将来なりたい自分になるためにはお金を上手く使っていくことが大事になるのです。

3つのお金の使い方

お金の使い方は3つあります。

お金の考え方.001
  1. 〇〇が欲しい
  2. 〇〇しよう
  3. 〇〇になるため使おう

〇〇が欲しい=have

「もの」が欲しい時の考え方です。

何かを所持したい、保持したいという欲求です。

この欲求は誰しも持っているもので、終わりはありません。

一つのものを手に入れたら、次の欲しいものが出てきてしまいます。

そこで大事になるのが「自分の気に入ったものを買ったのか?」です。

自分の気に入ったものであれば使い続けます。

お金が毎月残らないのは、気に入ったものばかりを買っていないからです。

「安いから」と理由で買っていては、次から次にものが増え、使っていても気分が上がりません。

買う時に、「悩む理由が値段なら買った方がいい、買う理由が値段なら買わない方がいい」と、はあちゅうさんの本で読んだことがあり、私はこの言葉を心がけています。

〇〇しよう=do

何か行動を起こす時にこの考え方になります。

行動を起こすことはとても良いことで、行動によって体験を得ることができます。

体験することは大きいです。

「知っている」「したことがある」には大きな違いがあります。

〇〇になるため使おう=be

将来なりたい自分になるためのお金の使い方です。

be=なりたい自分になるためにお金を使っていきます。

それは外面的なものではなく、内面的なもので、本や勉強代に使っていきます。

すぐには効果が現れないため、継続することが難しいかもしれませんが、継続した人は成長できます。

そして、このお金の使い方こそが、「なりたい自分になり、人生を大きく変化させる」使い方なのです。

3つのどこにお金を使うかで人生が変わる

ご紹介した3つのお金の使い方によって人生は変わってきます。

1つ目のhaveでは人生に変化はでません。

外面的な変化だけで一時的なものになってしまいます。

また、自分の気に入っているものでなければ、気分も乗らなくなってしまうため、何を買って使うか次第でマイナス方向にいってしまうこともあります。

2つ目のdoは経験を得る使い方でした。

経験は必ずしも必要なもので、知識と一緒に身につけていく必要があります。

知識と経験があって成長していくものなのでdoにお金を必要もあります。

経験によって人生に変化が生じてきます。

しかし、行動は刺激にはなりますが、新たな気づきや改善方法を見つけることは難しいです。

そこで大事になるのが、3つ目のbe=なりたい自分になるためのお金の使い方でした。

なりたい自分を想像して、なるために必要なものを勉強していきます。

本や勉強にお金を使うことは効率が良いです。

将来何倍にもなって返ってくるので、先に投資する必要があります。

知識という見えない部分に投資するので継続できる人は少ないですが、必ず良い方向にいきます。

この3つのお金の使い方の優先順位は

have<do<beの順です。

この優先順位を間違えないことによって、人生が変わってきます。

「〇〇になりたい」から勉強する。

まだ、「なりたいものが決まってない」から本を読んで勉強する。

目的はそれぞれだと思います。

この考え方に共通しているのは、前=将来を見ている考え方ということです。

将来を見据えて学ぶことは自分に成長を与えてくれます。

なりたい自分になるために、なりたい自分を見つけるために学んでいきましょう。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則