人はみんな幸せを求めています。

幸せになるためにはどうしたらいいのか、何が足りないのかと追い求めていることでしょう。

その幸せに関して「3つの資本」、そして3つの資本からなる「8つの人生パターン」を教えてくれるのが橘玲さんの著書『幸福の資本論』です。

3つの資本とは「自由」「自己実現」「共同体=絆」です。

この3つを満たしたものが「超充」と言われています。

しかし「超充」を満たすのは実現不可能とのこと。

そのなかで、自分が3つの資本の中から、どの幸福を求めていくのか考えさせられる一冊になります。

幸福の条件

3つの資本は「幸福の条件」と言われており、3つのインフラとつながっています。

「自由は金融資産」と、「自己実現は人的資本」「共同体=絆は社会資本」とつながっているのです。

この3つのバランスによって幸福の形は違い、自分の求めるものを追求することの必要性を感じます。

本書『幸福の資本論』の中で興味深かった箇所を3つご紹介します。

自由の金融ライン

自由の金融資産はある一定を超えるとあがらないと書いてありました。

その金額は「世帯収入1500万」です。一人の年収が「約800万」まで行くとそれ以上幸福度はあがらないとのこと。

いったんお金から自由になると、それ以上収入が増えても幸福度は変わらなくなる

この金額を超えると、好きなものを食べ、好きなところに旅行に行けるため、不自由がなくなる金額見たいです。

世帯収入1500万に達するまでには我慢しないと行けないこともあると思いますが、これを超えることが自由になるひとつの目安です。

世帯収入が1500万あり、金融資産が満たされれば幸福か?と問われたらそうではありませんよね。

いくら金融資産があったとしても、他の二つが満たされていないと幸福とはいえません。

自己実現

個性を発揮して自己実現をしたい。そう思っている人はいるのではないでしょうか。

自己実現=自分の好きなこと。そのためには個性が必要だと考えますよね。

自己実現したいのなら、会社の外でする必要があります。仕事以外の時間を使ってして行く必要があるのです。

なぜかと言いますと。

会社が求めているのが社員の「能力」ではなく「組織のなかで働けるか」だからです。

会社は「能力」を求めていないのです。要するに飛び抜けた「個性」も会社という組織のなかでは必要とされていません。

会社で必要とされているのは、「上からの指示を素直に聞く人」「地味な仕事でも継続してできる人」とのこと。

本書では新人採用の段階で飛び抜けた個性を持っていた人は採用しなかったと言われています。

自己実現するために「能力」や「個性」は必要であり、会社組織に染まれない人になることです。

超充は不可能?

3つの資本を満たす「超充」は実現不可能と言われていました。

それは、金融資産というお金に関するものが含まれるためです。

世帯年収1500万に届かないから実現不可能ではありません。

お金と人間関係の相性が悪いからです。

本書の中では、人は無意識に「お金は汚い」と思っていると書いてありました。

「お金を多く持っている=悪」「お金を多く稼ぐ=悪」と無意識になっているのですね。

これは他の著書にあったのですが、幼い頃に「お金はみんなが触って汚いものだから」と言われたのが関係しているのではないかと。

そう言われ続けたこと「お金=汚い」という思い込みになったのではないでしょうか。

そうなるとお金を多く持つことは人間関係にも影響を与えます。

お金は愛情や友情といった大切な価値を破壊するからです。

暗黙のルール 愛情や友情に金銭が関与してはならない。

お金が直接関与することはいけないけれど、間接的であればみんななんとも思わないとのこと。

そのためプレゼントする時に現金を渡す人はいないけれど、「ギフトカード」や「金券」は渡す人がいる。

プレゼントするのに、ものが介在していることで人は違和感を覚えないみたいです。

最後に

本書を読んで幸福の形は8つあるけれど、周りにいる人同士が似ている意味がわかったように感じました。

社会人になる前は学校や地域によって人間関係は形成されるけれど、社会に出たら周りの人間関係は突然変わります。

これは「お金」が関わっていたのかと。同じお金の価値観を持っている人同士でないと、お金に関する違和感はとり払えない。そう感じました。だからこそ、お金を稼ぐ人の周りには同じような人が集まるのではないかと。自分がどの資本を満たして幸福を掴みたいのか考えさせられる一冊でした。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則