ゼロ秒思考|創造読書会おすすめ本

赤羽雄二さんが書かれた書籍で思考整理が記載されています。

悩んだ時、この「ゼロ秒思考」を実行するこで、頭の中が整理されとてもシンプルに考えることができます。

著書である赤羽雄二さんのプロフィールをご紹介します。

東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。

1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力になるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。

2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートーナーズ株式会社を共同創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる。ベストセラー「ゼロ秒思考」著者

引用:赤羽雄二先生のプロフィール 教員名簿ーSchoo

ゼロ秒思考とは

「ゼロ秒思考」はビジネス界の最前線で活躍された赤羽雄二さんが実際に使用していた、メモ書き思考整理法です。

人の悩みは頭のなかで整理できていないため、多くのことに悩んでいると勘違いします。

しかしこの「ゼロ秒思考」で書き出すことによって頭の中が整理され、シンプルに考えれるようになるのです。

なぜゼロ秒なのか

なぜ「ゼロ秒」なのでしょうか。考えるといったら時間をかけて行うものだと思いますよね。

でも考えることに時間はいらないのです。

人はゼロ秒で考えられる

考えるということは自分の知っている言葉を思い出し組み合わせていくことです。

頭が整理されていたら、すぐに思い出しますし、組み合わせるのにも時間がかかりません。

時間をかければ考えが深まるとは限らない

頭の中が整理されていたらすぐに考えることができます。

もし時間をかけて考えても、深くまで考えているわけではなく、同じことを繰り返し考えていることが多いです。

時間をかけても自分の知っている言葉でしか考えれませんから考えは深まっていきません。

ゼロ秒思考で判断を早くする

ゼロ秒思考を実践していくと判断が早くなってきます。

そして様々なことに対して自分の考えを持ち、自分の中で質疑応答するいい習慣ができてきます。

この習慣は仕事をする上で必要な習慣になります。

できる人、優れた経営者は即断即決

これを感じている方は多いと思います。

トップに立つ人ほど決断が早いのです。

トップに立つ人の責任は大きく、決断する内容も私たちとは比べものになりません。

しかし私たちより判断が早く迷いがないのです。

その決断を可能にするのは頭の中が整理されているからではないでしょうか。

ゼロ秒思考で整理された頭に近づいていきます。

優れた頭にするには

即断即決できる頭はゼロ秒思考を実践することで手に入れることができます。

即断即決を手に入れるために日常習慣とすべき頭の使い方は

大胆に仮設を出す癖をつけること

常に自分の中で仮設を立てて実証していくことです。

もし違った場合はもう一度、なぜ違ったのか仮設を立てて実証することです。

その繰り返しにより、自然に頭の中は整理されていきます。

ゼロ秒思考実践

ではゼロ秒思考はどうやってするのでしょうか。

赤羽雄二さんは「思いついたことはとにかくなんでも書く」と言われています。

日常で疑問に思ったことは大小に関わらず書いていくことがポイントです。

  • A4用紙
  • 1ページを1分以内
  • 毎日10ページ

とにかくなんでも書きまくるのです。書くことによって自分の頭が整理され自分自身がポジティブになっていくのがわかります。

悩んでいたことがわかるとスッキリします。

また書く際には「深掘り」するのか、「多面的」に書くかでも違ってきます。

深掘り」すると問いに対して深く掘っていくので、考えが一気に深まります。

多面的」に書くと、様々なことを一気に書くことで視野が広がります。

この2つを質問ごとに使い分けることで効果が変わってきます。

まとめ

赤羽雄二さんの「ゼロ秒思考」は頭の中を整理するのにとても参考になる実践法です。自分の考えがわからなかったり悩んだ時、特に効果があると感じました。またこれは一度きりではなく習慣にすることで自分が変わってきます。1日10ページ以上するので、1週間で70ページ、1ヶ月で280ページ以上になります。1日1日の小さな積み重ねですが、1ヶ月で280ページ書くことで、書いた紙を見返した時とても自信になります。今まで何も書いていなかった自分から卒業して、1ヶ月で280ページ以上書く可能性溢れた自分を見てみませんか?

是非、読んで見てください。

創造読書会のこんな記事もおすすめ

私が主催している読書会です

・創造読書会とは

思考力が上がるツール

・マインドマップ

おすすめの本

・非常識な読書のすすめ

・読書をお金に換える技術

・こんな大人になりたい!

・「ボクのインプット&アウトプット法」

・人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

・大学で大人気の先生が語る<失敗><挑戦><成長>の自立学

・結果を出し続けるために ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です